リーマンライフハック

悩める30~40代の男性に向けて、東証一部上場企業に勤めるサラリーマンが書くブログ

暇なサラリーマンに「通勤ICカードバトル」のやり方を教えます(注:マトモな人は読まないで下さい)

アホリーマンの暇つぶし方法を教えます。

 

 

東京の通勤時間帯は地獄です。

鬼の乗り換え。そして鬼の待ち時間。何とかできないものかと思いませんか?地方なら楽々っと車通勤なのに、東京だけなんでこんなギチギチなんだと。そして立ってるから意外と暇です。暇。

 

そんな極限状態で、私は暇つぶしを編み出してしまいました。

 

その名も・・・

 

通勤ICカードバトル

 

別にアプリを入れて遊ぼう!とかそういうパズドラ的なものではありません。無料で、課金なく(?)、3歳以上なら誰でも遊べる超カンタンなお遊びです。 

 

ちなみに「一人用」です。

 

ICカードって知ってますか?

持ってますよね、こういうやつ。

f:id:psyberlife:20171016001036j:plain

知ってますよね。こういうやつ。

f:id:psyberlife:20171015235532g:plain

WikipediaICカード」より抜粋

SuicaとかPASMOとか、そいうやつです。

 

ICカードでバトルしよう!

基本ルールは簡単です。

前の人が「ピッ」とやった時の残金と、自分が「ピッ」とやったときの残金を比較し、金額が大きい方が勝ち。

 

クソみたいなルールですが、一番分かりやすいルールだと思います。自分が「ピッ」ってやった瞬間に「あ、負けた!」「フッ、俺の勝ちだな・・・」等と勝敗が明らかになるからです。

 

やってみよう!

さて、駅にやってきました。

f:id:psyberlife:20171017230559j:plain

中に入り、改札の前にやってきました・・・

ICカードを取り出しましょう。

f:id:psyberlife:20171017230653j:plain

自分の目の前の人が「ピッ」とやりました。

f:id:psyberlife:20171017230720j:plain

チラ見します「ほう、3265円」。

次に、自分が「ピッ」とやります。

f:id:psyberlife:20171017230811j:plain

さて、、どや!?

f:id:psyberlife:20171017230831j:plain

うあぁぁぁぁぁぁぁぁ!

負けたぁぁぁぁ!!

自分1787円<前の人3265円。

 

負けです。

次は勝ちましょう。

 

以上です。

クッソ簡単でしょ?つまらないサラリーマン人生、小さな楽しみを見つけて楽しい人生にしようぜ!

 

補足ルール

①MAX金額補充しない

最近、キャッシュカード等と連動して自動でフルチャージ(3万円等)される機能がありますが、これをやっては意味がありません。相手がフルチャージャーだった場合は試合は不戦勝となります。「ケッ、小金持ちのクソヤローが・・・」と心の中で毒づいて試合終了しましょう。

②残金以外で戦うのもあり

見えるのであれば、交通料金の多寡で勝負してもいいかもしれません。「俺は520円だったのに、ヤツは1,060円だと・・・!?どこまで行ってやがった・・・!!」等という戦い方ができるはずです。 ただし、目が良くないとダメかもしれません。

③逆ルールもあり

「金額が小さいほうが勝ち」にすると、チキンレースを楽しめます。ギリギリの線を他のサラリーマンと戦う・・・最高のシチュエーションじゃねぇか・・・!しかし、あまりやりすぎると「ピッ」とやったときにシャッター閉められるのでご注意。